俳句日記
その日の気持ちをこめた俳句たち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の句
秋茜(あかね)すずめ群れなし竹薮へ

秋ばらの開花を待ちわぶ日暮れかな

晩秋や空をみどりに下弦月 (特)

皮むきも手伝わされし栗御飯

いつ来ても同じ所ですいっちょん (天)
スポンサーサイト

テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://otokin.blog81.fc2.com/tb.php/13-fd04bd55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。